メインの写真-心霊スポット

冷静になるために

心霊スポットで起こる事故のほとんどはパニックになり、冷静な判断力を失ってしまったことが原因となっています。結果として、これが霊の仕業とされ、そのスポットがより恐れられるようになります。

筆者のように全国の心霊スポットを何度も巡っていても、「これは本物だ」と思える現象に出会えることはあまりありません。ほとんどが科学的に説明することのできる現象ばかりです。冷静さを失ってしまうと、何でもないことでパニックになってしまいます。これでは本当の心霊現象に出会うことができたとしても、それを見極めることができないでしょう。ここでは冷静に心霊スポットを楽しむためのポイントをご紹介しましょう。

万が一の遭遇に備える

心霊スポットへ行く人全員が心から霊の存在を信じているわけではありません。しかし、もしかしたら…と考えているからこそ、心霊スポットに惹かれてしまうのです。その「もしかしたら」、という気持ちが恐怖を駆り立て、そしてパニックの引き金になってしまいます。

ですので、万が一の遭遇にしっかりと備えておくことが大切です。心の準備はもちろんのこと、信頼できる神社やお寺のお守りやお札などを身に着けておけば精神的安定の手助けとなってくれるでしょう。そして、事前によく出る場所、危険な場所、タブーなどをしっかりと確認しておくようにしましょう。これだけでも、恐怖のあまりパニックになってしまうことを防ぐことができます。

後ろめたさを持たない

その場所や霊に対して後ろめたく感じるような行為は慎みましょう。怖がっていないことを周囲にアピールするために、あえてタブーをおかしてしまう人も少なくありません。しかし、これによって自分の中に後ろめたい気持ちが起こってしまい、余計に恐怖心が高まってしまいます。これによって些細なことに怯え、パニックになってしまう人も少なくありません。心霊スポットは度胸をアピールする場所ではない、そう肝に銘じておきましょう。

冷静になることができなければ、心霊スポットはとても危険な場所になってしまいます。しっかりと事前準備をし、自分の中の恐怖心をできるかぎり抑えるようにしましょう。