メインの写真-心霊スポット

今流行の心霊動画って本物?

サブの写真-心霊写真  今や、携帯電話やスマホなどでも手軽に高画質の動画を撮影することができるようになっています。これに伴って心霊の世界でも、心霊写真ではなく心霊動画が登場するようになりました。

一昔前であれば、毎年夏の風物詩となっている心霊特集番組の人気コーナーは心霊写真の紹介でしたが、今では心霊動画がメインとなってきています。

実際に動く霊の姿を見ると、心霊写真以上の恐怖を感じてしまうものです。しかし、この心霊動画、果たして本物なのでしょうか?

海外のジョークムービーが心霊動画として紹介される?

 日本の人気心霊番組の中には、海外で作られたジョークムービーが本物の心霊動画として紹介されてしまうことも少なくありません。 今やパソコンが一台あれば誰でも気軽に動画の編集をすることができるようになっています。これによって心霊系のジョークムービーを制作する人も少なくありません。

また、ネットが普及したことによって、こうした作られた動画を簡単に世界中に配信することもできるようになりました。

こうして、最初はジョークとして作られたホラー動画が広がって行くうちに本物の心霊動画としてさまざまな場所で紹介されてしまうケースも少なくありません。

実際に私も海外のジョークムービーが本物の心霊動画としてテレビで紹介されているのを何度も見たことがあります。 制作サイドがこのことを知っているのかどうか別として、中には完全なフェイクも混じっていることもあるのです。

監視カメラで起こる不思議な現象

 心霊動画の一つのジャンルとして、監視カメラに写ってしまった不思議な映像、というものがあります。 しかし、その多くは心霊現象ではないようです。

基本的に監視カメラは広い範囲を撮影することができるように広角レンズが使用されています。そしてさらに24時間撮影し続けなければなりませんので、そのレンズを保護するためにガラスやアクリルのカバーが取り付けられています。

ただでさえ光の加減などによって映り込みの起こりやすい広角レンズの前にもう一枚ガラスやアクリルがあることによって、本来まったく別の角度にあるものがぼんやりと映り込んでしまうことがあるのです。

筆者は昔コンビニで働いていたことがあり、こういった監視カメラの不思議な現象を何度も見てきました。 ですので、監視カメラ系の映像も単なる偶然の映り込みが多いのではないでしょうか?

こうして検証してみるとあまり夢のない結論になってしまいます。しかし、中にはまったく説明のつかない不思議な現象が動画として撮影されてしまったというケースもあります。

多くの心霊動画の中から本物を探してみるのも楽しいのではないでしょうか?また、あなたもカメラとパソコンを駆使しておもしろいフェイク動画を作ってみてはいかがでしょう?もしかすると本物の心霊動画としてテレビなどで紹介されてしまうかもしれません。