メインの写真-心霊スポット

福岡の心霊スポット~筑豊編~

サブの写真-心霊写真 福岡県といえば、北九州市や福岡市をイメージする人が多いかと思います。しかし、心霊スポット巡りという観点から見ると、筑豊地域も外すことができません。ここではそんな筑豊の心霊スポットをご紹介しましょう。

怨念渦巻く恐怖のトンネル~仲哀トンネル~

 筑豊の心霊スポットといえば、もっとも有名なのが仲哀トンネルです。このトンネルには旧旧仲哀トンネル、旧仲哀トンネル、そして仲哀トンネルの3つがあり、現在使用されているのは3代目となる仲哀トンネルです。

そして、もっとも心霊スポットとしてよく知られているのが旧旧仲哀トンネルです。このトンネルはもう30年以上前から使用されていないトンネルで、現在は完全に入口が封鎖されています。 しかし、その周辺では現在もさまざまな心霊現象が目撃されています。 私がこの仲哀トンネルで目撃したのは複数の子供の霊でした。小さな子供の霊が列を作って歩いている姿を見てしまいました。

この旧旧仲哀トンネルは、現在はほとんど使用されていない狭い山道を抜けなければ行くことができませんので、子供が列をなして歩いているわけがありません。間違いなく霊だ、と直感した私はゆっくりとその子供たちに接近を試みました。そして、ある程度近くまで行って、後悔しました。 子供たちには顔がありませんでした。何とも言えない恐怖を感じた私は、走って車まで戻りました。 あの、顔の無い子供たちは一体何者だったのでしょう? あれから数年の月日が経ちましたが今でもあの姿が脳裏に焼き付き、忘れることができません。

顔の無い子供の霊を見たのは実はこれが初めてではありません。関東の心霊スポットとしてご紹介した真の道でも同様に顔の無い大勢の子供の霊の姿を見ています。しかし、あの時に見た霊とは明らかに違った禍々しいものを感じてしましました。

おそらく、固体の数は真の道の方が多かったかと思います。しかし、禍々しさや恐ろしさの面ではこの仲哀トンネルでの体験の方がはるかに上でしょう。

このスポットはこれまでにご紹介したスポットの中でも、特に危険な場所の一つですので、ご紹介はしましたが、できる限り近づかない方が良いでしょう。

福岡の心霊スポットとしては犬鳴トンネルやホテルKなどと比較するとマニアックな場所です。しかし、筆者の感覚としてはここが福岡県最恐のスポットです。