メインの写真-心霊スポット

北海道最恐の心霊スポット

サブの写真-心霊写真 日本でも随一の広さを誇る都道府県、北海道。さまざまな場所で人々が生活を営んでいます。心霊スポットも多種多様なものが報告されています。北の大地に点在するさまざまなスポットをご紹介します。

常紋トンネル

 北海道で最怖と名高い心霊スポットが「常紋トンネル」です。インターネットで検索をしてみれば写真などがご覧いただけますが、画面越しであってもその異様さが伝わってくるでしょう。常呂群と紋別郡を鉄道でつなぐことを目的としており、幅が1車線分しかなく狭いことが特徴です。

なにより恐怖心をそそるのが、照明が一切ついておらず、真っ暗なトンネルにレールだけがのびていっていることです。天気の良い日でも、トンネルの中は真っ暗闇となっており、まるで外の世界とは別の空間になっているようです。

このトンネルが北海道最恐と呼ばれている所以は、日本で唯一人柱が確認されているトンネルだという所からはじまります。古くから日本では人柱の噂や、人を埋めているのではないか?という説が流れているトンネルは多数ありましたが、実際に人柱を確認できたのは、ここが唯一となっています。

人柱となったのは、当時の開拓にかり出された労働者の骨だと思われます。それだけ、山を掘ってトンネルを作るということは、当時の技術では大変なことだったのです。実際にこのトンネル内を通過中に霊を見たという人も多数いますし、鉄道職員でそれがきっかけで自殺をしてしまったなどの話もたくさん聞きます。

その場所の雰囲気や、実際の時代背景などを見ても、間違いなく北海道最恐の心霊スポットといえるでしょう。

支笏湖プリンスホテル

 地元民からすると、言わずと知れた心霊の名所、支笏湖。ここには様々な曰くがあります。まず、支笏湖自体ですが、自殺の名所としても有名でした。支笏湖はその規模の割に水深がかなり深く、湖底にはたくさんの藻が生えていることから、一度沈んだら二度と浮いてこられない、と言われています。そうしたことから「死骨湖」という別名があったほどです。

「支笏湖付近をドライブしていると、片方だけしかフロントライトが点灯していない片目の車にぴったりくっついて追いかけられた」、あるいは「水面から多数の手が目撃された」といった情報が寄せられています。なにより極めつけは、支笏湖湖畔にあった、旧プリンスホテルです。

何度かのボヤ騒ぎの後、本当に大火事で燃えてしまい、現在ではその廃墟も取り壊されて更地になっています。ホテルが廃棄された後の当時は、さまざまな心霊体験が寄せられていました。現在は更地になったものの未だに霊の目撃情報が後を絶たないスポットです。

一家心中の家

 某所にあるごく普通の民家なのですが、もともと住んでいた家族が一家心中をしたことで有名です。こちらは、心霊スポットとしても知られていましたし、その後も改築して何人か入居者が決まったものの、早々に逃げるようにして出て行ってしまって居住者が定着しない場所だそうです。

決して立地的には不便ではなく、むしろ好立地なのですが、一般人のほかに暴力団関係者もお坊さんもお手上げで手放してしまった物件なのだとか。現在では取り壊されてしばらく更地になった後、別の建物が建っています。そのため、場所についてはあえて伏せておこうと思います。

数多くの心霊スポットが点在する北海道。今でも訪れる人々からの恐怖体験が途切れません。旅行に行く際は、こうした情報を知っておくことで充実した心霊ツアーを楽しめることでしょう。