メインの写真-心霊スポット

無責任な噂も拡散される

サブの写真-心霊写真  今日では、心霊に関する情報はネットを利用することによって、簡単に入手できるようになりました。

確かにネットはとても便利ですし、実際に筆者も心霊に関するさまざまな情報をネットから仕入れています。 しかし、これらの情報の中には多くの無責任な嘘が紛れ込んでいることも忘れないようにすべきでしょう。

昔から心霊に関する嘘情報はいくらでもありました。平然とテレビや雑誌などでデタラメな情報が流されていた時代もあります。 しかし、ネットが普及することによって、こういった嘘情報の数も格段に多くなり、ものすごいスピードで拡散されるようになっています。

ネット上の嘘情報に踊らされて

 ネット上の大型匿名掲示板などを覗けば、いくらでも心霊に関するさまざまな噂話を目にすることができます。 単に、こういった話を噂話レベルで楽しむことができるのであれば、あまり意識する必要はないでしょう。しかし、リアルに作られた嘘の噂話を鵜呑みにしてしまうと、あらゆるリスクを背負うことになります。

一昔前に流行ったイタズラの手口の一つに、特定のURLなどをクリックすると「あなたは呪われました」メッセージが表示され、その呪いを解くためにはそのイタズラメッセージを拡散しなければならない、といったものがありました。この場合は、イタズラ程度で済ませることができますが、中には呪いを解くために、と金銭を請求されるケースもあったようです。こうなってしまうともうイタズラでは済みません。立派な犯罪です。

ネット上の嘘情報や噂話をあまり信用しすぎてしまうと、このような犯罪の餌食になってしまう可能性もあります。 しっかりと頭に入れておくべきでしょう。

無責任な噂話が一気に拡散される

 心霊に関する噂話が流れているのは、掲示板サイトだけではありません。TwitterをはじめとするSNSでも広がっています。 こういったSNSは使い方によってはとても便利なものですが、あまりにも気軽に情報を発信できることから、ちょっとしたイタズラ心で流した嘘情報が、思いがけず広く拡散されてしまう可能性もあるのです。

ネット上に一度出て、拡散してしまった情報はもう消すことはできません。Twitterのアカウントを消したとしても、情報は簡単にコピーされてさらに広がり続けます。

たとえば、あなたがちょっとしたイタズラ心で商業施設などの名前を挙げて、嘘の心霊体験をツイートしたとしましょう。 それが拡散されるとどうなるでしょう?その商業施設がネガティブなイメージを持たれるようになってしまい、大きなダメージを受けることになるかもしれません。 それだけでなく、嘘の情報を流してしまったあなたが罪に問われてしまう可能性だってあるのです。

身内だけで楽しんでいるつもりであっても、ネットに繋がっている以上は広く拡散してしまう可能性があります。 しっかりと情報を発信している、という意識、そして責任感を持つようにしましょう。

また、情報を拡散する際にも注意が必要です。不確かな情報を軽率に拡散してしまうと、これもまたトラブルの原因になってしまう可能性があります。 自分から情報を発信する際はもちろんのこと、リツイートやシェアなどで拡散する際にも、細心の注意を払うことが重要なのです。ネットは便利なツールですが、今一度その使い方を見直してみましょう。