メインの写真-心霊スポット

沖縄の心霊スポット

サブの写真-心霊写真 日本の南に位置する島が沖縄県です。日本唯一の南国リゾート地として、現在では非常に栄えて、高いビルも立ち並ぶ同県ですが、琉球王国時代以前から海上貿易の拠点として歴史も古く、様々な心霊スポットがあります。

那覇市国際通り

 まずは、沖縄県最大の都心である那覇市から見ていきましょう。同市には有名な「国際通り」があります。沖縄では地元民や観光客によく知られる通りですが、歴史も古く、霊感の強い人が足を運ぶと、戦時中の兵隊さんの霊をたくさん見ることがあるそうです。

幽霊といえば、日の光を嫌って、夜や日陰に現れるイメージがありますが、ここでは昼夜を問わず通行人にまぎれて歩いているそうです。建物の隅や壁にくっつくようにして立っていることもあり、目が合うと睨まれることもあるそうです。霊感の強い人はあまり歩きたくない場所かも知れませんね。

糸満市の心霊スポット

 観光名所「ひめゆりの塔」があることでも知られる沖縄県南部に位置する糸満市ですが、「喜屋武岬」は、かなり多くの人が霊を目撃する心霊名所となっています。戦時中に海から上陸してくる外国兵との激戦地であったため、当然たくさんの兵隊さんが亡くなっていますし、米軍の攻撃から逃げて最終的にたどり着いた当時の沖縄民が、多数身投げした場所とされています。

岬は急な崖になっており、現在でも多数の自殺者がいて、多くの霊が彷徨っているといいます。夜になると街灯が特にない場所なので真っ暗になり、霊に遭遇しやすい危険な場所となります。岬に立っていると、海に引っ張られるという噂もあるため、十分に注意が必要なスポットです。

名護市の佐藤家

 場所はかわって、沖縄県の北部にある名護市では、とある民家が心霊スポットとして知られています。地方に行くと、こうした民家の心霊スポットはたくさん存在しますが、沖縄県にも民家の心霊スポットは点在しています。

その中でも特にこの佐藤家は、家族で一家心中があった場所とされています。戦争とは無縁で借金に追われての心中だったようですが、その後の廃屋となってからしばらくのあいだは、たくさんの人がそこで子供の霊を見ています。家中にお札が貼られていて、奥に進むと父親の霊に呪われるという噂も絶えなかったそうです。

現在では、改装されて人が住める状態になっていますが、どこからそういう噂を聞きつけたのか、はたまた本当に心霊的な要因かは謎ですが、入居してもすぐに人が出て行ってしまうそうです。

沖縄県ではその歴史上、戦争が絡んでいることも多く、他の地方と比べてより慎重にスポットめぐりを考えなければいけません。死者を冒涜してはいけないのはもちろんのこと、戦争で無念に命を落とした怨念の強い霊を安易に刺激しないようにしなければいけません。霊が安らかに眠っていられるように、彼らに失礼なことは厳に慎むようにしましょう。