メインの写真-心霊スポット

沖縄最恐の心霊スポット

サブの写真-心霊写真 沖縄県は、非常に小さな島ながら、最恐クラスの心霊スポットがゴロゴロと存在します。その理由としては、やはり戦争。実際にそこまで遠くない過去に、多くの人が亡くなっているわけです。しかし、沖縄には戦争以外にまつわる心霊スポットも存在します。そんな沖縄でも最恐と名高い心霊スポットを紹介します。

戦争の爪痕が残るひめゆりの塔

 はじめに、修学旅行や観光スポットとしても有名な「ひめゆりの塔」がありますが、ここは、観光スポットである反面、心霊スポットとしても知られています。実際に修学旅行や観光で足を運ばざるを得ない状況でも、霊感のある人であれば気分が悪くなったり、行くことを拒んだりするのだとか・・・

ひめゆりの塔の近くでは負傷兵を手当てした学徒が実際にたくさん亡くなっています。その慰霊碑や、実際にたくさんの人が亡くなったそのままの防空壕跡があるくらいです。日中でも多くの霊が姿を現すとされていますが、ましてや観光の時間が押して夜に行くことになった場合は注意が必要です。

プロも恐れるSSS(スリーエス)

 沖縄最恐と名高い心霊スポットが「SSS」です。ここは、地元では本当に行ってはいけない心霊スポットとされており、霊能力者でも行くことを拒む場所なのだそうです。というより、霊能力者だからこそ、嫌がるのかもしれません。霊感がない若者が面白半分で足を運ぶと、激しい頭痛や耳鳴りに襲われたり、精神異常を起こしたりして、現在でも入院している人がいるそうです。

SSSは、ユタという沖縄の霊媒師が最終的な修行に使っていた場所なのだそうで、その他の場所とは本質的に空間が違うようです。そもそも、昔話でも出てくるように日本では「神」もまた、脅威の存在として崇められてきました。たとえば、ヤマタノオロチなどがそのいい例でしょう。人に対して害をなす悪霊や化け物であっても、時に強大すぎる力を持っているものを神として崇める風習がありました。

SSSは、神が訪れる場所とされていますが、その神とは、私たちが願いを叶えてもらうような神様ではなく、極めてレベルの高い悪霊の方だと考えていいでしょう。ユタは最後の修行として、この悪霊と戦うために、このSSSの地を利用していたそうです。途中までは誰でも入っていくことができますが、道の途中で真っ赤な看板があり、「ここから先、立ち入り禁止」の文字が書かれています。高レベルなスポットであることは間違いなく、同時に神聖な場所でもありますから、下手に足を踏み入れない方が得策でしょう。

ちなみに、このSSSの名前の由来は諸説あり、たどり着くまでにS字カーブが3つあるからだとか、ガードレールにSSSと書かれているからだとか、危険度が超弩級であることから来ているとか、さまざまないわれがありますが、はっきりしていません。

沖縄には独自の文化が根付いています。それは琉球王国というまだ日本の一部になる前の歴史があるからです。琉球王朝には特別な力を持ったユタのような霊媒師や巫女がいたとされています。戦争の歴史も去ることながら、沖縄の歴史はとても深いです。