メインの写真-心霊スポット

番組内で語られる恐怖エピソードの嘘

サブの写真-心霊写真  心霊番組などの人気コーナーの一つとして、心霊スポットへタレントなどが実際に言ってみる、といったものがあります。 こういったコーナーでは必ずそのスポットにまつわる恐怖エピソードやいわくなどが語られます。しかし、これらの話はすべて本当なのでしょうか? 今回はその点について検証してみたいと思います。

勝手に心霊スポットにされてしまった場所もある?

 少し前にテレビで話題になった「七つの家」という心霊スポットのことを覚えていますか?中国地方の某所にある7つの廃墟の集まった場所で心霊現象が起こる、といった話でした。

テレビ番組によっては、この7つの家は凶悪な殺人犯に襲撃されすべての住民が殺害されてしまったことにより廃墟になってしまった、といったエピソードが語られることもありました。

いくつかの番組で一気に紹介されましたので、当時心霊ファンの間で大きな話題となりました。しかし、その後定番のスポットとなることなくいつの間にか忘れ去られています。

どうしてこんなに話題になったスポットの噂があっという間に収束してしまったのでしょうか?

その理由はこのエピソードが嘘、というより単なる噂話であることが判明してしまったためです。この7つの家は実は単なるモデルハウスだったのです。それが役割を終えて放置され、廃墟になってしまったのです。

テレビなどで紹介されたこの7つの家を見てみると確かにそんなに古い家ではありません。また、7世帯もの人々が一斉に惨殺されてしまった、なんて事件があれば大ニュースになっているはずですがそんな事件はまったく記憶にないでしょう。なにしろ、実在しない事件なのですから。

こうして冷静に考えてみると心霊スポットのエピソードの中にある嘘を発見することはそれほど難しいことではありません。

話題作りのために作られた心霊スポット

 中には話題作りのために心霊スポットとしての噂を流し、テレビなどで紹介してもらうというケースも少なくないようです。 心霊スポットなんて噂を聞くと人が遠ざかってしまいそうな気がするものですが、日本人というのは不思議な民族で怖いと思いながらもそこへ行ってみたくなるのです。

事実、心霊スポットと噂される場所にわざわざやってくる人は後を絶ちません。最近ではコンビニなどでも心霊スポット巡り用のガイドブックまで売られているほどです。

このように心霊を利用した観光スポットを作り出すためにエピソードが作られ、それがまるで真実のように広がってしまうもこともあるのです。

このように検証してしまうと心霊番組がつまらないものになってしまうかもしれません。しかし、気になったエピソードがあればそれが事実であるのかを自分で調べてみる、という新しい方法で楽しんでみてはいかがですか?