メインの写真-心霊スポット

知名度のない心霊スポットを探す

サブの写真-心霊写真 心霊スポットは、至る所に存在します。口コミが多数寄せられているような有名どころだけではなく、私たちの住むすぐ近所にも実はたくさんの心霊スポットがあったりします。ここでは心霊スポットめぐりの上級テクニックとして、名前の出ない心霊スポットを自分で探してめぐるポイントについて解説していきます。

どのような場所に霊がたまりやすいのか?

 心霊スポットを一から探していくには、闇雲にあちこちを回るよりも、まず、どのような場所に霊がたまりやすいのかを知ると良いでしょう。山奥や人里離れた場所よりも、古い伝説にまつわる場所や、人が居着いて長く経った場所に霊がたまりやすいです。古くからある歴史のある町並みには、多かれ少なかれ霊が居着きやすいスポットがあります。

その他に、水のある場所も心霊スポットとして多く紹介されていることから、水辺にも霊が出やすいようです。水源地やダム、河原や海辺など、なぜ水辺に心霊現象が多いのでしょうか?これについては心霊現象がそもそも非科学的なので、何の検証もされていませんが、水の磁場が関係しているという説があるようです。

明らかに出るとわかる場所

 明らかに霊が出るとわかりきっているスポットも日本にはたくさん存在します。例えば、お墓や病院、お寺など、実際に死者と深く関連しているスポットです。逆に言えば、ここで霊を見ることができなければ、霊感がないとあきらめた方がいいでしょう。

こうしたスポットは、間違っても面白半分で行く場所ではありませんが、マナーをわきまえて訪れる分には、様々な霊がいる可能性があり、悪霊だらけの心霊スポットよりも安全性が高いかもしれません。

新しくできたばかりの施設も危険?

 心霊現象は、過去に因縁があったり、歴史の深い建造物のそばで起きたりすると思われがちですが、新しくできたばかりの施設でも油断はできません。その施設が建てられる前に何があったかや、その土地の歴史的背景を調べると、かつて心霊スポットだった場所のど真ん中に建てられている可能性もあるのです。

例えば、火事で家が全焼し、死者が出た土地でも、数年すれば普通に売り地として販売されます。元々の施設やゴミ処理場を埋め立てて新しい施設が作られている可能性もあります。

密閉された空間は出やすい?

 心霊スポットではない、ごく普通の施設においても心霊現象が起こりやすい場所はあります。例を挙げると、よくミュージシャンがレコーディングスタジオで霊を目撃しています。これは、特定のスタジオだけではなく、比較的全国各地で耳にすることのようです。密閉された閉鎖的な空間は霊が溜まりやすいようです。もしかすると、心霊現象ではなく、密閉された空間に長くいることによって、精神に何らかの異常を来しているのかも知れませんね。

その他にも、学校の七不思議や心霊体験のお話はよく耳にしますし、古くから創業しているホテルなどでもよく聞く話です。これらに共通して言えることは、多かれ少なかれ人工的に密閉された空間があるという点です。有名スポットだけでなく、あなたの身近な場所でも心霊現象は日夜起こっていると言えるでしょう。